六本木ヒルズオフィス

六本木ヒルズ森タワーは、金融、IT、メディア、法律などの世界的企業が一堂に会するオフィスビルです。街のシンボル「森美術館」をはじめ、カンファレンス、会員制ライブラリー、スクールの3つが複合された知の拠点「アカデミーヒルズ」、数々のショップやホテル「グランド ハイアット 東京」、会員制クラブ「六本木ヒルズクラブ」など、高度に複合した機能が入居企業のビジネスだけでなく、そこで働く人々のライフスタイル全般を支えます。

六本木ヒルズオフィスの魅力

情報の行き交う街

グローバル企業や大使館、そして森美術館をはじめとする六本木アート・トライアングル。世界各国の人びとが、刺激を求めて集まり、政治、経済、文化、芸術など、鮮度の高い情報が行き交う六本木は、世界で最もアクティブな情報文化エリアの1つです。日々刻々と進化と深化を続ける六本木というビジネス都市が、企業のビジネスをアップグレードさせます。

高度に複合した街

ショップがあり、ホテルがあり、公園があり、イベントがある。六本木ヒルズは、人々の好奇心が集まるビジネスチャンスの宝庫です。現代アート、建築、ファッション、デザインを扱う「森美術館」がビジネスの創造力を刺激し、国際会議、展示会、ライブラリーの揃う「アカデミーヒルズ」やプライベートクラブ「六本木ヒルズクラブ」が、ビジネスシーンのすべてをサポートします。

安全・安心な街

「逃げ出す街から逃げ込める街へ」。六本木ヒルズ森タワーは、独自の発電プラントによる電力供給をはじめ、強固なインフラで企業のBCP(事業継続計画)を支えます。

職住近接が叶う街

六本木ヒルズが位置するロケーションは、東京随一の国際ビジネスエリアであるとともに、高級住宅地が周囲を囲む、都心を代表する閑静な居住エリアでもあります。六本木ヒルズレジデンスでは、サービスアパートメントも用意。職住近接のライフスタイルを可能にします。

多様なワークプレイスが揃う街

六本木ヒルズには、六本木ヒルズ森タワーだけでなく、六本木ヒルズゲートタワー、六本木ヒルズノースタワー、六本木ヒルズクロスポイント、六本木ヒルズけやき坂テラスと、広さも形状も様々なオフィススペースが用意されており、入居企業の多様なビジネスを支えます。

働く人の交流が生まれる街

ここで働くオフィスワーカーには、オフィスライフをより楽しむための、さまざまなサービスが用意されています。毎日のランチをよりお得にする店舗優待サービスや、ワーカー同士の交流を促すオフィスワーカー限定のフットサル大会やゴルフコンペなどのイベントが定期的に開催されています。

階数 地上54階 地下6階
構造 鉄骨造(柱CFT)、鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造(地下)
延床面積 379,408㎡(114,771坪)
総貸室面積 179,000㎡(54,150坪)
駐車台数 1,017台
エレベーター 乗用32台、非常用4台
竣工 2003年4月
設計 KPF、森ビル(株)一級建築士事務所、(株)入江三宅設計事務所
施工 大林・鹿島共同企業体