秋の屋上庭園

少し冷たい風が吹く屋上庭園では、ススキの穂のまわりにはアキアカネが舞い、深まりゆく秋の気配を感じるようになりました。

8月 稲刈り

夏の終わりに、豊かに実った稲の稲刈りが行われます。鍬を使った作業は、初めはおっかなびっくり、でもだんだん力強く稲束を刈り取ってゆく子どもたちが、なんだか頼もしく見える秋の始まりの風景です。

9月 脱穀(だっこく)

刈り取ったあとの稲は10日間ほど陰干しし、 その後脱穀(だっこく)。昔ながらの足踏み脱穀機のペダルを、子どもたちが力強く足で漕ぎ、乾燥した稲束からモミを落とします。

冬野菜の植付け

この畑では夏と冬に大きく分けて野菜を育てます。9月になると冬野菜の植付けを始めます。コンパニオンプランツを意識して種類を選定するなど、薬を使わずに虫の被害を食い止める努力もしています。

アキアカネ

屋上庭園のヤゴが大人になったのでしょうか。しっぽまできれいな茜色の赤トンボ。稲穂のまわりをスイスイ飛んでいます。

すすき

ファウンテングラスという名前のすすきの仲間で、和名がまだない日本では珍しい品種。