冬の屋上庭園

街全体がクリスタルな装いになる頃、屋上庭園に静かな冬がやって来ました。四季折々の木々が周囲を囲む庭園では、“冬の道”と呼ばれる道沿いに、ねずみもちや椿がその季節を迎えます。

1月 餅つき

1月の始めに、六本木ヒルズ屋上水田イベントの最後の締めくくりとしてのお餅つきが行われます。収穫したモチ米をついて、きな粉やあんをまぶして甘いお餅に。蒸したてのモチ米や実際の餅つきを体験した、参加者の大歓声が屋上庭園に響き渡ります。

2月 わらのワークショップ

お米作りの締めくくりとして、わらを利用したワークショップを行います。

・2003年 わら草履作り
・2004年 稲穂を使った染物作り
・2005年 流し雛作り
・2006年 わらを使ったお雛様作り

空気が少し春めいてきた頃、ひっそりとした屋上庭園では、着々と自然の営みが準備中です。稲穂を刈取ったあとの田んぼは、土を十分に耕してレンゲや菜の花の種を蒔き、次の年もお米作りができるように土の養分を蓄えます。春の道では、桜の芽が今にも花を咲かせようとしています。春が訪れるとまた、屋上庭園の新しい1年のスタートです。