すだちが香る秋の逸品

六本木ヒルズ限定 10/5 FRI. - 10/31 WED.

六本木ヒルズの秋グルメは、
「すだち」がキーワード!

いよいよ待ちに待った「食欲の秋」、六本木ヒルズは、秋を代表する味覚のひとつ「すだち」を主役に、とっておきの一皿をお届けします。「搾る」だけじゃない、シェフこだわりの巧みなアレンジを利かせた美味の数々をお楽しみください。

  • ※表示されている価格は全て税込です
  • ※サービス料などのメニュー価格以外にかかる料金については、各店舗の「店舗情報を見る」より詳細をご確認ください

Special Sudachi Menu

すだちを使った
スペシャルメニュー

ワインショップ&レストラン
ケンゾー エステイト ワイナリー

KENZO ESTATE WINERY

    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間 17:00〜22:00

詳しく見る

すだちを通してノスタルジックな
秋の里山の風景を表現

「ナパで生まれた芸術的なワインに寄り添う一皿です」。そう語るのは、滋賀の自家菜園で野菜を育てるシェフの市川浩平さん。秋の料理は、徳島県上勝町産すだちとワインが味の決め手。すましバターとドライな白ワイン「あさつゆ asatsuyu」で仕立てるベアルネーズソースは、すだちの果皮の香りが満載。さらに、ガラディナーでしか使えない希少な赤ワイン「藍 ai」を赤味噌にブレンドし、2種の味わいで徳島県産「すだち牛」をいただきます。天然のきのこも多種多彩で、秋の景色が目に浮かぶよう。イノベーティブでありながら素材をストレートに生かす料理は、テロワールを表現したワインに共鳴します。

シェフのイチオシすだちポイント

シェフ 市川浩平さん

「脂が上品で肉質が柔らかなすだち牛は、すだちの香りと酸味によりおいしさが際立ちます。すだちが香るベアルネーズソースは、エスプーマで軽やかに仕立てました。肉やきのこをディップしてお召し上がりください」

ペアリングするならこのお酒!

天然きのこや力強い野菜と呼応するテロワール重視のワイン

赤味噌にも使用した「藍 ai」はカベルネ・ソーヴィニヨンが主体。パワフルなアタックとボリューム感があり、しっかりとした骨格を持ちながらも、高密度でシルクのようなタンニンが味わいをなめらかに丸めて官能的な余韻を長く残し、生命力あふれる食材の個性を受け止めます。

藍 ai 2014  120ml ¥6,138

ワインショップ&レストランケンゾー エステイト ワイナリー

[エリア]六本木けやき坂通り1F・2F
[ TEL ]03-3408-1215

店舗情報を見る

閉じる

日本酒を楽しむ和食/ごはん処
人形町 田酔

Ningyocho Densui

    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:17:30〜21:30

詳しく見る

すがすがしい香りで口福を運ぶ、
いま堪能すべきすだちの旬味

「田の恵みに酔う」をコンセプトに、ごはんや日本酒など米から生まれる美味を追求する「人形町 田酔」。全国各地の銘酒や地魚、旬菜が充実するこちらでは、秋の限定メニューも楽しみのひとつ。南魚沼・十日町の“こしひかり”を出汁醤油で炊き込み、すだち果汁が香るさんまの柚庵焼きをのせ、赤芽じそや大葉といった薬味を添えました。「炊き込むことでごはんにさんまの脂がなじみ、薬味によって複雑さのあるおいしさが生まれます」とは、料理長の藤島聡史さん。炊き立てをお客さまの目の前で混ぜ合わせ、器に取り分けるプレゼンテーションも格別です。

シェフのイチオシすだちポイント

料理長 藤島聡史さん

「醤油、みりん、酒を合わせた柚庵焼きのタレにすだち果汁を加え、さんまを漬け込みました。火入れするとせっかくの香りや風味が飛んでしまうので、すだち風味の大根おろしを後のせしています。ぜひお試しください」

ペアリングするならこのお酒!

秋のぜいたく。ほどよく熟成した飲み頃の“ひやおろし”

福岡県の筑後平野にある酒蔵が醸す季節限定酒。「“ひやおろし”といった季節のお酒にも力を入れています」と、藤島さん。香り高い秋の味覚に負けないだけの、しっかりとした骨格のある味わいです。

三井の寿 ひやおろし 秋純吟「ポルチーニ」一合¥930

日本酒を楽しむ和食/ごはん処人形町 田酔

[エリア]メトロハット/ハリウッドプラザB2F
[ TEL ]03-5770-8188

店舗情報を見る

閉じる

フレンチレストラン
ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

L’ATELIER de Joël Robuchon

    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:18:00〜21:30

詳しく見る

ベストな柑橘系として選んだ
「すだち」という選択

「旬の柑橘類のなかから、料理に最も適した酸味と香りを持つすだちを選びました」と語るのは、シェフの関谷健一朗さん。最先端のシンプル・フレンチで魅了する「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」ではこの秋、ディナーのプリフィックスコースの前菜にすだちを使用。甲殻類のロワイヤルと手長海老、セップ茸の組み合わせでうま味の相乗効果をもたらし、すだちの皮を散らして清涼感のある香りをアクセントに。いちょうをモチーフにしたチュイルや銀杏で、食感と季節の装いを表現しています。感性が研ぎ澄まされる感動の秋味をお楽しみください。

シェフのイチオシすだちポイント

料理長 関谷健一朗さん

「清涼感がありながら料理の邪魔をすることなく、香りと酸味でおいしさを引き立ててくれるのがすだちの魅力。今回は皮をメインに使用し、手長海老のソテーに果汁を2滴落とすことで、わずかな酸味を加えています」

ペアリングするならこのお酒!

フレンチの巨匠がコラボレーションした珠玉の白ワイン

軽やかな前菜に合わせたのは、テロワールを反映したワイン造りを実践し、2世紀にわたり伝統を受け継ぐ“ローヌの名門”ポール・ジャブレ・エネとジョエル・ロブション氏とのコラボレーションが実現したハウスワイン。ソーヴィニヨン・ブラン自体にシトラスやグレープフルーツなど柑橘の香りがあり、すだちの香りと酸味と調和しておいしさを引き立てます。

ポール・ジャブレ・エネ・ジョエル・ロブション コレクション ソーヴィニヨンブラン グラス¥1,300

フレンチレストランラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

[エリア]ヒルサイド2F
[ TEL ]03-5772-7500

店舗情報を見る

閉じる

イタリアン
ラ ブリアンツァ

La Brianza

    • ランチ
    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:11:30~14:30、17:30〜22:00

詳しく見る

すだちの甘みと苦味で昇華した
季節のスペシャリテ

お客さまの要望にお応えし、高い満足度でファンも多いイタリアン「ラ ブリアンツァ」。奥野義幸シェフがこの秋、ランチコースのメインディッシュとディナーのアラカルトで提案するのは「ほうき鶏もも肉のすだち煮込み」。滋賀県産ほうき鶏もも肉をローストした後、炒めた玉ねぎと白ワイン、すだち果汁で煮込んだだけというシンプルさ。仕上げにバターの風味をプラスし、イタリアンパセリとイタリアのチーズ、グラナ・パダーノを振って完成。確かな技術と豊富な経験をベースに「すだちから発想した」という奥野シェフのひらめきの料理は、この時期にしか味わえないスペシャリテです。

シェフのイチオシすだちポイント

シェフ 奥野義幸さん

「煮込みによってすだちの酸味を飛ばし、独特の甘みと苦みを引き出しながら、ほうき鶏に味を染み込ませています。仕上げにすだちの皮をすりおろし、フレッシュな酸味を後からプラスしました。すだちからひらめいた料理をぜひお試しください」

ペアリングするならこのお酒!

お肉料理によく合う、リッチで濃厚な味わいの白ワイン

シャルドネ100%。リッチでスパイスのような複雑な香りと、はちみつやパインのようなしっかりと甘みがあり、肉料理全般とよく合う白ワイン。樽香も感じさせ「特に白身の肉に合わせやすい」と奥野シェフのイチオシ。

プンタ・ディ・コーレ マラミエーロ シャルドネ グラス¥1,836(ランチ)、¥2,052(ディナー)

イタリアンラ ブリアンツァ

[エリア]六本木けやき坂通り3F
[ TEL ]03-6804-5719

店舗情報を見る

閉じる

日本料理/稲庭うどん
麻布 久徳

AZABU KYUTOKU

    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:17:00〜22:00

詳しく見る

すだちを効かせた酢飯が秀逸。
豊かな秋の味覚を存分に

秋田の蔵元から直送される日本酒と滋味深い日本料理、稲庭うどんが自慢の「麻布 久徳」。季節限定「稲庭 酢橘うどん」も人気ですが、この秋、ご堪能いただきたいのが「すだち香る炙り秋刀魚棒鮨」。薄く塩を当てたさんまは余分な水分が抜けて、本来の持ち味がギュッと凝縮。酢飯にはすだちの搾り汁が加わり、すがすがしい香りと酸味で上品な味わいに。「今年のさんまは脂ののりもよく、皮目を炙っているので、すだちの香りと酸味でさっぱりといただけます」とは、料理長の薄井大心さん。辛口の日本酒と合わせれば、これ以上ないおいしさに。季節の限定メニューは食べ逃しなく。

シェフのイチオシすだちポイント

料理長 薄井大心さん

「秋に旬を迎えるすだち。同じ柑橘類でもレモンやかぼすよりも爽やかで清涼感があり、和食の香りづけや風味づけに欠かせない素材です。みずみずしい酸味がさんまの脂を切ってくれ、さっぱりとした後口が魅力です」

ペアリングするならこのお酒!

料理と合わせてこその1本。旨味の強い秋田の辛口吟醸酒

「秋田酒こまち」を原料米に、奥羽山脈を源とする天然のミネラル豊富な自然水を仕込み水に使用。キレのあるすっきりとした辛口で、凝縮したうま味が感じられる純米吟醸酒。お好みに応じてすだちの果汁を搾ると、また違った印象に。

刈穂 純米吟醸 秋kawasemi 一合¥1,080、グラス¥540(すだちの追加+¥100)

日本料理/稲庭うどん麻布 久徳

[エリア]ウェストウォーク5F
[ TEL ]03-5772-9109

店舗情報を見る

閉じる

イタリアン
イルブリオ

ILBrio

    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間 17:30〜23:00

    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間 17:30〜23:00

詳しく見る

秋の味覚と相性抜群のすだちを、
和のアレンジで軽やかに

キャンティの元料理長・廣本高晴シェフが腕を振るうイタリアンレストランは「As you like it(お気に召すまま)」がコンセプト。厳選された旬食材は、この秋も健在。脂がのったさんまは皮目だけを炙り、香ばしい焼きなすはすだちとオリーブオイルでマリネして、さっぱりとした冷製カペリーニに。松茸は旬魚とホイル包み焼きにするなど、多彩な調理法で魅了します。「松茸はホイルを開けると土瓶蒸しのように香りが立ち上ります。魚のエキスが凝縮したバターソースにはすだちの皮を加えました。仕上げに果汁を搾って酸味をお楽しみください」

シェフのイチオシすだちポイント

シェフ 廣本高晴さん

「当店はイタリアンですが、日本人の好みに合わせて和の感覚ですだちを取り入れてみました。松茸、さんま、秋なすといった旬の素材と相性は抜群。すだちの爽やかな酸味によって、さっぱりとお召し上がりいただけます」

ペアリングするならこのお酒!

すだちと調和する日本酒と素材の個性に負けないワイン

小麦粉を原料とするパスタには、同じ炭水化物で米が原料の日本酒をセレクト。生酛仕込みによる純米大吟醸「瑠璃」には柑橘系のニュアンスがあり、すだちの香りとベストマッチ。そして、インパクトの強い松茸には、熟成したきのこやナッツの風味を併せ持つワインを。山梨県の鳥居平今村にある畑で栽培したぶどうを使用した希少なワインです。

左:甲州 鳥居平今村 キュヴェ・ユカ グラス¥2,400
右:新政 ラピスラズリ瑠璃 グラス¥1,200

イタリアンイルブリオ

[エリア]ウェストウォーク5F
[ TEL ]03-5414-1033

店舗情報を見る

閉じる

和食/酒の肴
六本木いなきあ

Roppongi Inakia

    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:16:30〜22:00

詳しく見る

江戸時代から続く味噌と
柑橘の妙味を肉料理で再現

素材の存在感を生かす正統派和食「六本木いなきあ」。丁寧で誠実な仕事は秋の一品にも光ります。主役は「鹿児島県産長期熟成花乃牛」。通常より1年以上も長く肥育するため月に2頭しか出荷されない希少な牛肉を、すだちの皮をすりおろした西京味噌に漬け込んで焼き上げます。さらに、すだちが香る鬼おろしをたっぷりと添え、食感も楽しみな仕上がりに。「ランプとサーロインを定期的に卸してもらっています。味噌に漬け込んでも肉質は硬くならず、柔らかな食感とうま味がご堪能いただけます」と、料理長の加藤昌志さん。季節の恵みに感謝したくなる、特別感のある主菜です。

シェフのイチオシすだちポイント

料理長 加藤昌志さん

「味噌と柑橘類の組み合わせは江戸時代から続く古典的な調理法のひとつで、本来は脂が強い魚に使うもの。肥育期間が長いため肉質は柔らかくうま味も強い牛肉に、すだちの爽やかな酸味と香りを合わせました」

ペアリングするならこのお酒!

西の酒処・広島の隠れた名酒は「超濃厚」なうま味が魅力

「東京ではなじみが薄いかもしれませんが、関西にもいい日本酒は多い。このラベルが飲めるのは都内では当店だけ」と、加藤さん。力強い熟成肉と舌に残る味噌にも負けない、とろみを感じさせる入魂「山」。超濃厚な旨口だけにペアリングでは料理を選びますが、それだけにマッチしたときの感動はどのお酒よりも上回り、反響も大きいという一本です。

日本酒 入魂「山」亀齢 特別純米原酒 一合¥1,512

和食/酒の肴六本木いなきあ

[エリア]ウェストウォーク5F
[ TEL ]03-5414-7268

店舗情報を見る

閉じる

ステーキハウス
37 ステーキハウス & バー

37 Steakhouse & Bar

    • ランチ
    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:11:00〜22:00
    (平日14:30~17:30、土日祝15:00~17:30を除く)

    • ランチ
    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:11:00〜22:00
    (平日14:30~17:30、土日祝15:00~17:30を除く)

詳しく見る

極上熟成肉のうま味を際立てる、
爽やかな酸味のアクセント

熟成肉の先駆けとして人気の「37 ステーキハウス & バー」。秋のおすすめは、前菜とメインディッシュ。鰹のたたきに、炭火焼きしてトロトロの食感にした秋なす。香味野菜とすだちのポン酢ジュレを添えて、一体感のあるカルパッチョが完成です。主役はUSプライムビーフのグリル。すだちの皮を加えたオリジナルの塩にすだちこしょうを合わせ、酸味のアクセントがサーロインのうま味を際立たせます。「すだちは主役を引き立たせる存在。素材の魅力が伝わる料理に仕立てました」とは、スーシェフの松島稜也さん。ひと味違った秋の美食をご堪能ください。

シェフのイチオシすだちポイント

スーシェフ 松島稜也さん

「カルパッチョに合わせたマヨネーズソースには、すだちの果汁と果皮も加えています。熟成肉のうま味が存分に楽しめるよう、グリルの部位はサーロインを選びました。すだち塩やすだちこしょうが脂の甘みを引き出します」

ペアリングするならこのお酒!

口の中を切り替え、おいしさをつなぐ最良のペアリング

戻り鰹のカルパッチョには、鰹の脂や特有の酸味を洗い流し、豊かな余韻をもたらすシャンパンを。前菜にふさわしく次の皿へ期待感をつなげます。USプライムビーフのグリルには、ライトでふくよかな味わいが特徴のピノ・ノワールがベスト。こちらの銘柄はピノ・ノワールのなかでも味わいが濃く、果実味も豊か。牛肉と調和しながら、脂をリセットしつつうま味を増幅させます。

左:ドメーヌ ドルーアン オレゴン ピノ・ノワール ボトル¥12,960
右:ボランジェ スペシャル キュヴェ ブリュット グラス¥2,160、ボトル¥12,960

ステーキハウス37 ステーキハウス & バー

[エリア]六本木けやき坂通り2F
[ TEL ]03-5413-3737

店舗情報を見る

閉じる

小籠包専門店
南翔饅頭店
(ナンショウマントウテン)

Nan Xiang Steamed Bun Restaurant

    • ランチ
    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:11:00〜22:00

詳しく見る

あふれる肉汁とすだちの香りを包み込む、
小籠包の傑作

上海で100年以上の歴史を誇る老舗の小籠包専門店。「中の具材によって味わいがまったく変わります。それが小籠包の面白さであり魅力です」とは張 愛国シェフ。その言葉のとおり、この秋限定の小籠包は“すだち”が主役。枝豆をベースにした緑色の生地に、国産豚を使った“あん”にはすだち果汁と皮を混ぜ込んで、特級点心師が細やかなひだを作って包み込みます。湯気を立てる小籠包はスープがたっぷり。黒酢やしょうがをつけずにそのまま味わえば、肉汁のうま味とすだちの香りが口いっぱいに広がり、美味の余韻にしばし言葉を忘れるほど。2皿、3皿と食べたくなる傑作です。

シェフのイチオシすだちポイント

シェフ 張 愛国さん

「すだち果汁と細かく刻んだ皮を加え、試行錯誤すること数回。ようやく最良のバランスが完成しました。すだちの皮をかみ締めると、すだちの香りがふわっと口中に広がります。モチモチとした皮の食感もお楽しみください」

ペアリングするならこのお酒!

すっきりとした中国のビールを合わせて軽やかに味わう

中国で最も古くからあるブランド「青島ビール」。マイルドな口当たりとスムーズなのど越し、すっきりとした軽やかな味わいは食中酒としても最適。涼しげな緑色のクリアボトルも、みずみずしいすだちを想像させます。

青島ビール ¥842

小籠包専門店南翔饅頭店(ナンショウマントウテン)

[エリア]ヒルサイド1F
[ TEL ]03-5413-9581

店舗情報を見る

閉じる

イタリアン
ヒルズ ダル・マット

Hills DAL-MATTO

    • ランチ
    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:11:00〜22:00

詳しく見る

オリジナル生麺と和食材で奏でる、
すだち風味の絶品パスタ

マリネ、カルパッチョ、ムースやハムなどを盛り合わせた定番の「季節の前菜」に続き、この秋のコースメニューにお目見えするのは和食材のパスタ。にんにくオイルにすだちのジュースとあさり出汁を加え、炙った鱧や松茸、銀杏といった、いかにも旬らしい取り合わせ。酸味と香りの効果で、インパクトのあるおいしさが感じられます。もちもちとした食感が特徴のオリジナル生麺は、カジュアルイタリアン「ヒルズ ダル・マット」ならでは。「この店のパスタと調和するよう、すだちのジュースとピールを使用し、しっかりとした味わいを印象づけました」と、升田匡記シェフも自信をうかがわせます。

シェフのイチオシすだちポイント

シェフ 升田匡記さん

「味のベースにはすだちのジュースを加えて酸味を立たせ、仕上げにスライスしたすだちとすりおろしたピールを振って香り高く仕上げてあります。松茸や鱧など、繊細な味わいの和食材の持ち味をストレートに生かした一皿です」

ペアリングするならこのお酒!

緑のすだちにはすっきり軽やかな白ワインがセオリー

イタリアでよく用いられるぶどう品種「モスカート」を使用した白ワイン。飲み口はしっかりとしていながら軽やかさもあり、甘さは控えめ。きれいな酸味も感じられます。緑の食材には白ワイン。そんなセオリーにならったペアリングです。

マニンコール モスカートジャッロ グラス¥1,080

イタリアンヒルズ ダル・マット

[エリア]ウェストウォーク5F
[ TEL ]03-6804-1644

店舗情報を見る

閉じる

十割蕎麦と季節料理
蕎麦前 山都

Sobamae Yamato

    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:17:30〜22:00

    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:17:30〜22:00

詳しく見る

「和」を感じさせる柑橘類で、
秋味を存分に堪能

「蕎麦屋とは思えない食材やアレンジで仕立てたつまみや一品料理“蕎麦前”をご堪能いただけます」とは、店長の渡邊太一さん。十割蕎麦と季節料理を供する「蕎麦前 山都」では、すだちが香る秋の美味をご用意。蕎麦用の出汁に浸した舞茸は、爽やかな柑橘の香りと酸味、シャキシャキとした食感が楽しめる品。戻り鰹のたたきは薬味や野菜をふんだんに、ピリ辛のすだちおろしポン酢が食欲をかき立てます。50種前後を取りそろえ、力を入れる日本ワインも魅力のひとつ。和食材との相思相愛のペアリングは、新鮮なおいしさをもたらします。

シェフのイチオシすだちポイント

店長 渡邊太一さん

「数ある柑橘類のなかでもより日本らしく、“和”のイメージを感じさせるのがすだち。今回は野菜やきのこをあっさりと召し上がっていただけるよう、どちらの料理もすだちの香りと酸味をしっかり利かせてあります」

ペアリングするならこのお酒!

和食材×日本ワインで導く、美味なペアリングの方程式

「日本一、国産ワインを推している蕎麦屋」と誇るだけに、品ぞろえは充実。そのなかでも、舞茸のすだち浸しには豊かな果実味とうま味を兼ね備えたノンフィルターのナチュラルワインを。戻り鰹のたたきには、軽めの超辛口ながら、味に深みのある赤のスパークリングワインを提案。しみじみとした和の味わいにぴったりと寄り添う銘柄です。

左:スパークリングワイン「P」ピノノワール クレレ ド ノワール樽熟成 ボトル¥12,960
右:GRAPE REPUBLIC BIANCO グラス¥1,080

十割蕎麦と季節料理蕎麦前 山都

[エリア]六本木けやき坂通り1F
[ TEL ]03-6447-1268

店舗情報を見る

閉じる

イタリアン
毛利 サルヴァトーレ クオモ

Mohri Salvatore Cuomo

    • ディナー
    • ヒルズ限定

    限定メニューの提供時間:15:00〜22:30(日祝〜22:00)

詳しく見る

和食材とのコンビネーションが
新しい創作ピッツァ

ナポリピッツァを日本に広めた功労者、サルヴァトーレ・クオモがプロデュースするイタリアン「毛利 サルヴァトーレ クオモ」。季節のメニューも多彩なこちらでは、季節の和食材を取り入れた特製ピッツァが登場。「すだちをメインに食材の組み合わせを考え、鱧、松茸、焼きなす、銀杏と、秋の味覚を合わせました」とは、亀山大樹シェフ。日本料理を思わせる高級感のあるトッピングはピッツァ生地ともよく合い、芳醇な香りに魅了されます。「すだちとモッツァレラチーズだけでも十分おいしい」とシェフも太鼓判。毛利庭園と東京タワーが眺められる絶好のロケーションで満喫してみては。

シェフのイチオシすだちポイント

シェフ 亀山大樹さん

「すだちは薄くスライスしたものをのせて焼き上げます。仕上げに生のすだちとピールを散らすことで、焼き立ての生地の熱により香りがいっそう立ち上ります。モッツァレラチーズとの食べ合わせを、この機会にぜひお試しください」

ペアリングするならこのお酒!

和の食材とよく合い、すだちを引き立たせる白ワイン

ぶどう品種はドイツで栽培される「ケルナー」。北海道の冷涼な地で生まれたすっきりと辛口の白ワインで、口当たりも良く、きりりとした軽やかな味わい。すだちや和食材ともよく合い、相乗効果のおいしさが楽しめるペアリングです。

グランポレール 北海道ケルナー辛口 グラス¥734、ボトル¥4,860

イタリアン毛利 サルヴァトーレ クオモ

[エリア]ヒルサイドB2F
[ TEL ]03-5772-6675

店舗情報を見る

閉じる

SPECIAL COLUMN
Why SUDACHI? 料理のプロに聞く、すだちの魅力

すだち、と言えばまず、さんまの塩焼き、という方も多いのでは。9月から10月にかけて多く出回るすだちは、秋の食材と相性がよく、さんまをはじめ、きのこや肉料理の風味を引き立ててくれます。そんなすだちの魅力を、すだちの名産地・徳島出身の料理研究家で栄養士でもあり、最近ではメディアなどで大活躍の浜内千波さんに伺いました。

「すだちでもっとも魅力的なのはまず、香りが爽やかで甘みさえ感じる果汁でしょう。でもそれだけではなく、皮も果肉も、すべてまるごといただけることが食材としての魅力です」。浜内さんはこの季節になるとよく、すだちだけで作るちらし寿司や、サラダ、そしてイタリアンの煮込みなどにも使うのだそうです。「食欲の秋は、肉や魚も脂がのったものが多く、料理全体が少しヘビーになりがち。そんなときにすだちを使うと、味が引き締まってさっぱりいただけます。そしてすだちには、『スダチチン』という、血中コレステロールを下げる効果があるといわれる成分が含まれていますから、健康を心がけている方にも強い味方ですね。和食はもちろん、フレンチやイタリアンでもすだちメニューが増えると嬉しいです」

浜内千波さん

徳島県出身の料理研究家・栄養士。「料理は夢のある楽しいもの」をモットーに、家庭料理を伝える。
著書多数、最近ではテレビ番組やCMなどでも活躍。

ページの先頭へ戻る