第33回東京国際映画祭 in 六本木ヒルズ

世界中から集まった秀作や、一足早く話題作を鑑賞できる10日間。映画祭期間でしか味わえない体験をお楽しみください。

開催概要

期間

2020年10月31日(土)~11月9日(月)

場所

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、六本木ヒルズアリーナ、大屋根プラザ 他

WEB https://2020.tiff-jp.net/ja/

オープニング/クロージング

オープニング作品『アンダードッグ』

イメージ画像
©2020「アンダードッグ」製作委員会

過去のささやかな栄光が忘れられず、ボクシングにしがみつく事しかできないひとりの男。どん底まで落ちた男が、最後にたった一度でも輝きを取り戻すため這い上がろうとする物語は、観る者の魂を揺さぶる。

クロージング作品『HOKUSAI』

イメージ画像
©2020 HOKUSAI MOVIE

多くの謎に包まれてきた世界で最も有名な日本人アーティスト・葛飾北斎の生涯を初めて映画化。売れない絵師として苦しみ、もがき、その才を認められてもなお、生涯自らの画才を磨き続けた画狂人の生涯に迫る。

 

スペシャルゲストが登場

ゲスト情報は、映画祭公式サイトにて随時更新されます。


部門紹介

昨年まで実施していた「コンペティション」、アジアの新鋭監督を集めた「アジアの未来」、日本映画の気鋭作品をそろえた「日本映画スプラッシュ」の3部門を今年は1つの部門に統合、「TOKYOプレミア2020」とし、様々な賞を競う形ではなく、その中の全作品を対象に観客の皆様に投票していただく「観客賞」を設けることといたしました。今年2020年は観客の皆様が主役です。

TOKYOプレミア2020

イメージ画像
©「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

君は永遠にそいつらより若い

大学卒業を控え、就職も決まり手持ちぶさたな日々を送る堀貝(ホリガイ)は、身長170cmを超す22歳、処女。友人とぐだぐだした日常を過ごすなか、ふとした折に、日常の裏に潜む「暴力」と「哀しみ」が顔を見せる...。



イメージ画像
©2020「私をくいとめて」製作委員会

私をくいとめて

おひとりさまの生活に慣れきり、脳内に相談役Aが爆誕した31歳みつ子と年下男子による、あと10センチ近づけないふたりを描いた共感度100%の崖っぷちロマンス。

観客賞について

「TOKYOプレミア2020」部門の全作品を対象に、観客の皆さまから投票を募り、最も多くの支持を得た1作品を表彰いたします。 ※東京グランプリをはじめとした従来の各賞の審査・表彰はございません。

全ての「TOKYOプレミア2020」部門上映作品はこちら!

その他の部門

「TOKYOプレミア2020」

ワールド・プレミアやアジアン・プレミアの作品を中心に、内外の個性豊かな監督による新作の披露を観客と共に祝福するショーケース部門。日本、アジア、欧米といった地域のバランスは保ちながら、従来のコンペ3部門の選定視点も残し、32本のプログラムを予定しています。全体のラインナップとしては、全作品が監督のキャリアに関わらずフラットに並び、世界から集まった映画の多様性が持つ面白さを観客に味わってもらうことを目的とします。

「特別招待作品」

日本公開前の最新作をプレミア上映する特別招待作品は、大作や話題作が揃う華やかな部門です。作品ゲストの参加も多数予定しており、会期中に開催されるイベントを大いに盛り上げます。

「Japan Now」

日本映画の今を俯瞰する今年のJapan Now 部門は、深田晃司監督を特集します。深田監督は、現実に生きる私たちと世界との関係性をスクリーンと観客の関係性として表現する稀有な監督です。初期作品から最新作『本気のしるし《劇場版》』まで短編特集を含め5作品、先の見え難い今こそ、きちんと社会と地続きの映画に接するべき時です。

「ワールド・フォーカス」

世界各国・地域の映画祭出品作や話題作から日本公開が未決定の外国作品、そして海外映画祭に出品されて話題となった日本映画も取り上げます。今年は台湾特集を実施し、昨年開始したラテンビート映画祭とのコラボレーション企画も継続します。 TIFF開催後に多くの作品の日本公開が決定する「ワールド・フォーカス」は世界の話題作のショーケースとしての役割を果たしていきます。

「ジャパニーズ・アニメーション」

本年は、日本のアニメーション・VFXから生まれ、世界に羽ばたいたキャラクターにフォーカスします。アニメーションでは『劇場版『ポケットモンスター』』、VFXでは、生誕45周年を迎えたシリーズ『秘密戦隊ゴレンジャー』を中心に、スーパー戦隊シリーズを特集上映。さらに<アニメ映画の現在>を知ることのできる特集も行います。

「日本映画クラシックス」

本年は国際交流基金の協力のもと、天才・山中貞雄の現存する3作品を修復。そして巨匠・稲垣浩の不朽の名作が美しく蘇ります。全てが日本映画史上の最高傑作と言っても過言ではない、今年の日本映画クラシックスにご期待ください。

「ユース(TIFF チルドレン/TIFF ティーンズ)」

少年少女に映画の素晴らしさを体験してもらう部門です。「TIFFティーンズ映画教室2020」は、中学生たちがリモートで集まり、映画を作り、その驚くべき成果をスクリーンで発表します。「TIFFチルドレン」は小学生を対象に、サイレント映画の名作をパフォーマンス付きでお届けします。こどもたちはもちろん、親の世代も楽しめること必至です。「TIFFティーンズ」は国際映画祭で評価された作品の中から、若者を主人公に持ち、高校生世代に刺激を受けてもらいたい秀作を上映します。大スクリーンで見る映画の迫力や美しさ、そして世界の広さを楽しみながら経験することで、未来の映画ファンがここから育っていくはずです。

全上映作品はこちら!

チケットの購入方法

まずは、公開作品をチラシや映画祭サイトでチェック!

ページトップに戻る