ROPPONGI HILLS
GOURMET RESTAURANT

澄まし処 お料理 ふくぼく

日本料理

会食つづきのゲストにも好評の
素材の味をひきだすさっぱりした味

和の出汁に細めの中華麺を合わせた、具のないラーメン『澄まし麺』で話題となった神楽坂のふくぼくが移転、再始動。新しく味わえるようになったのが、日本料理に中国料理の技法や風味を織り交ぜた一品料理とコース。旬の素材をシンプルにさっぱりとした味付けで仕上げた料理は会食続きのゲストに一番に喜ばれる味です。個室は屏風仕切りの半個室が1室、1日1組限定のスペース。カウンター席はオープンキッチンではないので、落ち着いた会話を重ねながら過ごすことができます。上質でありながら肩肘貼らない和やかな雰囲気の大人の空間です。

お座席

半個室(〜6席)

個室は2〜6名様で使用可能。障子からの光も優しく、ゆったりとしたムード。1日1組限定なので時間を気にすることなく過ごすことができます。予約時に人数や用途を伝えれば席の配置も最適に調整させていただきます。

カウンター席(9席)

落ち着いた雰囲気のカウンターは2名での会食に適したスペース。隣の方との距離を1席空けるなどの相談は予約状況によりできる限り対応させていただきます。貸切りは着席最大18名様までで対応可能です。

PICK UP

名物ののどぐろフライは大葉に包まれた香りが印象的。器は佐賀県黒牟田で古唐津を手本にした独自の作風で制作している丸田宗彦氏の作品。

コースの一品の「淀大根と甜麺醤の鶏味噌」は店のテーマである日本料理と中国料理の技法や風味のマッチングが強く感じられる仕上がりです。

時には年間数百本しかリリースされない希少な日本酒も入荷。ドリンクのフリーフローにも日本酒が常時3種類程度ご用意しています。

メニュー

心がホッと落ち着く
香り高い出汁をベースにしたお料理を

繊細でありながら深みのある美味しさのベースになっているのは昆布、鰹節、いりこで丁寧に引いた香り高くクリアな出汁。これがランチの澄まし麺でもディナーの和食でも味のベースになっています。コースには羽釜炊きの白米でつくった「煮はまぐりのごはん」、青しそをまとった「稚鮎の春巻き」、桜鍋風に味噌仕立てにした「馬肉のお椀」など職人技が光るメニューが多く、料理好きの人ほどその味わいの深さに新しい刺激が感じられるはずです。こってりではなく、さっぱり、だけど飽きずに食べ続けたくなる、そんな味をお楽しみください。

店舗データ

電話番号
03-5413-2989
エリア
ウェストウォーク 5F
住所
東京都港区六本木6-10-1
営業時間
ランチ11:00-15:00(L.O.14:30)
平日ディナー 17:30-23:00(L.O.フード21:30、ドリンク22:00)
土日祝日ディナー 17:00-23:00(L.O.フード21:30、ドリンク22:00)
定休日
なし
席数
30席
個室
1室(屏風仕切り2〜6席)
個室利用料
なし
URL
https://www.roppongihills.com/shops_restaurants/restaurants/00298.html
外国語対応
英語
対応可能な
メニュー
アレルギー対応 対応可
ベジタリアン対応 不可
ハラル・宗教メニュー対応 不可
下見
対応可
手土産
なし
配車
不可
貸切
着席18名様まで、ミニマムチャージ¥200,000詳細は応相談
請求書
支払い
不可