活動レポート2020年

医療用ガウンプロジェクト 

イメージ

コロナ禍における取組み 第3弾!

自治会員の皆さんから、コロナ禍の社会貢献活動を行いたいとの意見を受け、自宅でできるボランティア活動として医療用ガウンを制作し寄付する「医療用ガウンプロジェクト」が立ち上がりました!
地域貢献部会メンバーを中心にNPO法人ハンズオン東京様(※)のご協力のもと、本プロジェクトの実現に至りました。   

なお、東京都看護師協会による都内234施設へのアンケート「コロナ対応に当たる看護職員が困っていること」によると、82%の施設が「個人防護用具の不足」(主に医療用ガウンやフェースシールド)を最も多い回答としてあげられておりました。(9月3日(木)日経新聞記事より)

新型コロナウィルス感染症拡大に伴う医療用品不足問題の内、特に医療用ガウン(手作りガウン)については、医療機関に限らず、介護施設、養護施設等、未だ多くの施設で求められていると聞いております。

  • 世界37ヵ国208拠点を擁する世界最大のボランティア組織の日本で唯一の提携団体です。年間を通じて、主に児童養護施設や母子支援施設、乳幼児施設、高齢者向け施設向けに様々な支援活動を実施する他、東日本大震災をはじめ被災地各所支援等も実施されています。

10月9日(金)、10日(土)の2日間、オンライン(Zoom)を併用しながら説明・製作レクチャー会を開催し、約30名の多くの方々にご参加いただきました。
プロジェクトの概要説明の後、今回レクチャーをしてくださる井田励子先生・大塚祥予先生よりオンラインを通して製作手順を教えていただき、参加者の皆さんで実際にガウンの製作に取組みました。
慣れない作業に時間もかかり、悪戦苦闘しながらではありましたが、参加者同士でフォローし合い、楽しみながら、ガウンを完成させました。

六本木ヒルズ自治会 オンライン夏の集い 

イメージ

コロナ禍における取組み 第2弾!

参加者総数 約45組90名! 六本木ヒルズ自治会 オンライン夏の集い

新型コロナウィルス感染症の影響により、六本木ヒルズ盆踊りをはじめ、様々なイベントが中止となるなか、六本木ヒルズ自治会では、自治会員同士のつながりの継続を目的に、初の試みとなるオンラインシステムZoomを活用した懇親会「オンライン夏の集い」を8月29日(土)に開催しました!   

これまでの自治会活動を振返るオリジナル映像と近藤会長による開会のご挨拶・乾杯のご発声でオンライン夏の集いがスタート!
司会は細井環境美化部会長に務めていただきました。
ご自宅に居る皆さんが一体感をもって楽しむことの出来る工夫として、例年盆踊りの屋台に出店してくださっているお店を中心に、ヒルズ内の飲食店5店舗に、ご自宅で召し上がっていただける、特製のオードブルセットやおつまみ等をご提供いただきました。また、今年の屋上庭園イベントでご一緒している富山県からおいしいお水をご提供いただきました。
中継コーナーでは、石井渉外・多様化推進部会長に、オードブルセットをご提供いただいた飲食店をご紹介いただくと共に、富山県からは日本橋にあるアンテナショップより、富山県の紹介をしていただきました。

  • 今回ご参加くださった店舗の皆さん(順不同):インド料理 ディヤ、中国料理 ゴールデンタイガー、バルバッコア、ビキニシス、グランドフードホール

次のクイズコーナーでは六本木ヒルズに因んだクイズが出題されました。参加者の皆さんは4つのグループに分かれ、グループ内でコミュニケーションを取りながら、一つの解答を導きました。最終結果は全チーム同点となったため、チームの代表者が、オンラインで「じゃんけん」をし、優勝チームが決定しました。優勝チームには、森美術館のチケットが贈呈されました。
そしていよいよ、スペシャルゲストの六本木じろうさんが登場!
六本木じろうさんの近況報告やリサイタル、最後はお待ちかねの六本人音頭が披露されました。画面を見ながら踊られる方もいれば、じっくりと耳を傾ける方もいたり、皆さん思い思いに今年の夏を感じ満喫されていました。

最後は仲江副会長の中締めのご挨拶をいただき、参加者全員で記念撮影をしてオンライン夏の集いはお開きとなりました。

これまでと違う夏に、初のオンラインイベント開催、みんなが期待と不安でドキドキでしたが、これまでにない新しく非常にチャレンジングな取組みに多くの方から意欲的に参加していただき、改めて六本木ヒルズ自治会の凄さを感じることができました。
リアルな場での開催も待ち遠しいですが、これからも六本木ヒルズ自治会らしいコロナ禍における新たな企画も進行中です!ぜひご期待、ご参加ください!お持ちしております。

Zoom勉強会

イメージ

コロナ禍における取組み 第1弾!

コロナ禍の新たなコミュニケーション方法の習得を目的に、オンライン会議システムZoomの勉強会を8月21日(金)、22日(土)の2日間、開催しました。
各日10名 計20名の方に参加いただき、渉外・多様化推進部会のメンバーを中心に、Zoomの使い方(インターネット接続方法、Zoomログイン方法、Zoom利用の方法・マナー)などをレクチャーしました。   

はじめは不安な表情の方も多くみられましたが、この機会にと熱心に取り組んでいただき、お帰りになられる頃には、皆さん使い方を習得されるまでになっておりました。
中には「もっと知りたい!」と2日間連続で参加いただいた方もいらっしゃり、たくさんの参加者の笑顔を見られるなど、とても充実した勉強会となりました。
なかなかリアルの場で集まることができない時だからこそ、この勉強会を通し、自治会員同士で教えあい学び合い協力し合うことの大切さを再確認できました。

再び、みなさんとリアルの場で集まれる日が来るまで、六本木ヒルズ自治会もウィズコロナにおける新しい取り組みをしていきたいと思います。ご興味のある方は是非ご参加ください。

六本木ヒルズ自治会 2020年新年会

イメージ

六本木ヒルズ自治会 2020年新年会

1月15日(水)「六本木ヒルズ自治会 2020 新年会」を森タワー49F アカデミーヒルズ にて開催しました。
年のはじめの大きな催しということもあり、自治会員の皆さま他、日ごろ自治会活動でお世話になっている方々、総勢約250名の皆さんが集まりました。 

谷澤会長によるご挨拶の後、鈴木副会長の乾杯で新年会がスタート。
当日の会場には、今年初出店の「鐡ちゃん」をはじめ、ヒルズ内の飲食店10店舗のご協力とJ-WAVEによるウェルカムドリンク、いばらき市からはいちごをご用意いただき、昨年に負けず劣らずのとても豪華なお料理が提供されました!

  • 今回ご参加くださった店舗の皆さん(順不同):スターバックスコーヒー、エッグセレント、クレーム デ ラ クレーム、インド料理 ディヤ、中国料理 ゴールデンタイガー、麻布久徳、バルバッコア、ブリコラージュ ブレッド & カンパニー、グランドフードホール、鐡ちゃん(初出店)

多くの皆さんが新年のあいさつを交わしながら、お食事と会話を楽しむ中、恒例の抽選会も開催されました。当選番号の発表では、谷澤会長をはじめ、各部会長から当選した皆さんに景品が手渡され会場の雰囲気は最高潮に!

会の締めくくりは仲江副会長の三本締めで、2020年の新年会はお開きとなりました。

ご参加くださった皆さま、お忙しい中、足を運んでいただき本当にありがとうございました。
今年も皆さまのたくさんの笑顔と笑い声が溢れる素晴らしい会となりました。

新年の恒例行事となったこのイベントは、自治会の各部会長、コミュニティ部会の方々や実行委員の方々を中心に準備をしてきました。前日の準備や当日の運営のお手伝いをして下さった自治会員の皆さん、ご協力くださった皆様、本当にお疲れ様でした!

六本木ヒルズ自治会では、ヒルズに住む人、働く人同士が交流する機会が持てるよう、今年も様々な活動を行っていきます。HPに年間カレンダーを掲載していますので、ぜひ多くの方々のイベントへの参加をお待ちしております。 2020年も、どうぞよろしくお願いいたします。