上質を知る大人の集う街、六本木ヒルズに
は、品格と余裕に溢れた華やかで遊び心ある
アイテムが多数並んでいます。大人のファッ
ションへの知的好奇心を満たすクリエイター
インタビュー連載第6回。

上質を知る大人の集う街、六本木ヒルズには、品格と余裕に溢れた華やかで遊
び心あるアイテムが多数並んでいます。大人のファッションへの知的好奇心を
満たすクリエイターインタビュー連載第6回。

今回は『LEON』編集長の石井洋さん
に、大人にこそ薦めたい遊び
心ある小物
をピックアップしてもらいました。日々
幾多のアイテム
を見続ける石井さんの審
美眼に叶った本物のアイテムは、いつも

装いを、さらに優雅に彩ってくれるこ
とでしょう。

Beauti-Full Things HIROSHI ISHII

Interview

引き算より足し算のアイテムに
強く惹かれます

日々多くのブランドのいろんなアイテムの中から選び、誌面を構成していく編集長という職業はもの選びのプロだと考えています。もの選びのプロとして、アイテムを選ぶ時に心掛けていることはありますか?
石井洋(以下I:近年、ファッションについて語られる時、とかく“引き算”、“シンプル”といったキーワードが最上であると捉えられがちですよね。ミニマルな装いは素晴らしいのですが、似合う人を選ぶことも多いので、もっと楽な気持ちで、自分の心がちょっとでも踊るアイテムを選んで欲しいと思い、『LEON』では“引き算より足し算”と考えて誌面を作っています。ですので、ものを選ぶ上では、“一点遊びの要素が入った他と違うもの=プラスアルファのデザインやギミックがある足し算のアイテム”に強く惹かれますし、そういうものを特に日本の大人の男性には身につけて欲しいと思っているんです。今回ピックアップしたアイテムもそんな要素が備わっているという目線で選ばせてもらいました。僕たちは自分たちの雑誌を“消費活性化マガジン”と勝手に言ってるんですけど、やっぱり何かを手に取って欲しいし、買って欲しい。そのためには引き算より足し算のアイテムなんですよね。
編集長という仕事上、トレンドということを考えることも多いと思いますが、今季ファッションシーンではどのような流行があると感じますか?
I : 『LEON』は、読者にメリットがあると思えるものを推していくことを基本姿勢としているので、あまり雑誌の中でトレンドという言葉を使わないようにしているんです。ただ今回選ばせてもらったアイテムは、ぱっと見の品の良さみたいなものは共通していると思います。時代的に好まれていると思いますし、上品なアイテムを身につけることで生まれる心地よさってありますよね。そして、そこからさらにワンステージ上がって、身につけることによって自分の気持ちが高揚して、“どんなことをしたいか”、“どこに行きたいか”、そこまでが見えるアイテムを推したいと思っています。みんな心のどこかでそういうものを求めているんだろうと思いますし、それがトレンドといえばトレンドなのかもしれませんね。

Beauti-Full Things HIROSHI ISHII

着物との相性も良いので、
和洋両方の大人の装いに

「大人の男性ならオフでもジャケットを着て外出する機会は多いと思うんですが、意外とバッグに悩むんですよね。そんな時に見つけたのがこの巾着型のバッグ。クラッチほど堅苦しくなく、必要最低限のものが入り、ショルダーの子供っぽさがない。非常に優秀なアイテムだと思いました。手首に巻いて持っても絵になりますよ。“ファットリア デル クオーイオ”はイタリアのトスカーナ地方のブランドですが、細いレザーを編み込んでいくイタリアのファクトリーの技術が垣間見えますね。巾着型のバッグは着物との相性も良いので、和洋両方の大人の装いに活躍してくれるというのもポイントです。」

  • Bag ¥49,500
    [Fattoria del cuoio]

DOUBLE STANDARD
CLOTHING / him

  • Bag ¥49,500
  • [Fattoria del cuoio]

着物との相性も良いので、
和洋両方の大人の装いに

「大人の男性ならオフでもジャケットを着て外出する機会は多いと思うんですが、意外とバッグに悩むんですよね。そんな時に見つけたのがこの巾着型のバッグ。クラッチほど堅苦しくなく、必要最低限のものが入り、ショルダーの子供っぽさがない。非常に優秀なアイテムだと思いました。手首に巻いて持っても絵になりますよ。“ファットリア デル クオーイオ”はイタリアのトスカーナ地方のブランドですが、細いレザーを編み込んでいくイタリアのファクトリーの技術が垣間見えますね。巾着型のバッグは着物との相性も良いので、和洋両方の大人の装いに活躍してくれるというのもポイントです。」

コミュニケーションを生むのも
ファッションの大事な要素です

「イタリアインディペンデントとダブルスタンダードのコラボサングラスです。一見オーソドックスな黒縁のアイウエアなんですが、実はフレームにはベロアが採用されていて、テンプルも白と黒で切り替えられている。“遊びがあっていいな”、と思い選びました。ちょっとしたパーティの時にかけて行けば、自分の気分が高揚するだけじゃなく、“フレームはベロアなの?”っていう会話も生まれる。装うだけじゃなく、コミュニケーションを生むのもファッションの大事な要素だと思うんです。遊べるオケージョンの時に、遊びのあるアイテムを身につけられる人は、ゆとりがあって大人だな、と感じます。」

  • Sunglasses ¥33,000
    [ITALIA INDEPENDENT
    × DOUBLE STANDARD CLOTHING]

DOUBLE STANDARD
CLOTHING / him

  • Sunglasses ¥33,000
  • [ITALIA INDEPENDENT
    × DOUBLE STANDARD CLOTHING]

コミュニケーションを生むのも
ファッションの大事な要素です

「イタリアインディペンデントとダブルスタンダードのコラボサングラスです。一見オーソドックスな黒縁のアイウエアなんですが、実はフレームにはベロアが採用されていて、テンプルも白と黒で切り替えられている。“遊びがあっていいな”、と思い選びました。ちょっとしたパーティの時にかけて行けば、自分の気分が高揚するだけじゃなく、“フレームはベロアなの?”っていう会話も生まれる。装うだけじゃなく、コミュニケーションを生むのもファッションの大事な要素だと思うんです。遊べるオケージョンの時に、遊びのあるアイテムを身につけられる人は、ゆとりがあって大人だな、と感じます。」

定番を白レザーに変えるだけで
華やかな大人にもフィットします

「創設100年を超えるイタリアの永世定番ブランド、スペルガの2750をベースにしたスニーカーです。カジュアルなキャンバスのシューズで知られていますが、デザインワークスとのコラボで作られた1足は、白い上質なレザーで仕上げられているので、大人の足元にもハマりますね。色々なセレブが履き続けてきた大定番のキャンバススニーカーも白いレザーに変えるだけで、僕たちのようなラグジュアリーなアイテムが好きな大人にもフィットする。とても巧みなコラボレーションだと思います。ジャケットやスラックスなど、大人な装いをするときに、こんなシューズを合わせて遊びを入れるのはいいなと思いました。」

  • Sneaker ¥22,000
  • [SUPERGA × DESIGNWORKS]

DESIGNWORKS deuxcotes

  • Sneaker ¥22,000
  • [SUPERGA × DESIGNWORKS]

定番を白レザーに変えるだけで
華やかな大人にもフィットします

「創設100年を超えるイタリアの永世定番ブランド、スペルガの2750をベースにしたスニーカーです。カジュアルなキャンバスのシューズで知られていますが、デザインワークスとのコラボで作られた1足は、白い上質なレザーで仕上げられているので、大人の足元にもハマりますね。色々なセレブが履き続けてきた大定番のキャンバススニーカーも白いレザーに変えるだけで、僕たちのようなラグジュアリーなアイテムが好きな大人にもフィットする。とても巧みなコラボレーションだと思います。ジャケットやスラックスなど、大人な装いをするときに、こんなシューズを合わせて遊びを入れるのはいいなと思いました。」

魅力あるブランドのDNA
ゴルフにも派生させて作ってる

「ゴルフブーム真っ只中ですが、ブリーフィングのゴルフラインはブーム初期の頃から洒落たキャディバッグを出し続けていますよね。“機能的でタフで、ラフで軽量”というブランドのDNAをゴルフというアクティビティにも派生させて作っているのが成功している理由だと思います。そして、スタイリッシュなスポーツのイメージを作り上げたので、ファッション業界の人もゴルフに行きやすくなった。一時、ゴルフに行くとカートに乗っているキャディバッグが全部ブリーフィングのものだったこともありました。ちゃんとゴルフをやっている人が作っているので、マグネットのポケットなど、痒いところに手が届くデザインになっているのも魅力ですね。」

  • Caddy Bag ¥59,400
  • [BRIEFING GOLF]

BRIEFING

  • Caddy Bag ¥59,400
  • [BRIEFING GOLF]

魅力あるブランドのDNA
ゴルフにも派生させて作ってる

「ゴルフブーム真っ只中ですが、ブリーフィングのゴルフラインはブーム初期の頃から洒落たキャディバッグを出し続けていますよね。“機能的でタフで、ラフで軽量”というブランドのDNAをゴルフというアクティビティにも派生させて作っているのが成功している理由だと思います。そして、スタイリッシュなスポーツのイメージを作り上げたので、ファッション業界の人もゴルフに行きやすくなった。一時、ゴルフに行くとカートに乗っているキャディバッグが全部ブリーフィングのものだったこともありました。ちゃんとゴルフをやっている人が作っているので、マグネットのポケットなど、痒いところに手が届くデザインになっているのも魅力ですね。」

汚れやすいアクティビティで
敢えて白を履くのが大人の余裕

「爆発的なゴルフブームの今、人と違うものを身につけたいという思いはみんなあると思います。ゴルフシューズってまだまだローカットのものが多いんですけど、このマークアンドロナのミッドカットの1足は、周りと差をつけられていいですね。足元にボリュームが生まれるし、スタイルも良く見えます。また、ゴルフという汚れやすいアクティビティで敢えて白を履くというリッチな行為も大人の余裕を感じさせます。アイコンのシルバーのスカル、ソフトスパイクになった星のスタッズなど、ギミックも満載。ゴルフを支え続けてきたブランドならではの“遊びをわかってる”1足だと思います。」

  • Shoes ¥55,000
  • [MARK & LONA]

MARK & LONA SELECT

  • Shoes ¥55,000
  • [MARK & LONA]

汚れやすいアクティビティで
敢えて白を履くのが大人の余裕

「爆発的なゴルフブームの今、人と違うものを身につけたいという思いはみんなあると思います。ゴルフシューズってまだまだローカットのものが多いんですけど、このマークアンドロナのミッドカットの1足は、周りと差をつけられていいですね。足元にボリュームが生まれるし、スタイルも良く見えます。また、ゴルフという汚れやすいアクティビティで敢えて白を履くというリッチな行為も大人の余裕を感じさせます。アイコンのシルバーのスカル、ソフトスパイクになった星のスタッズなど、ギミックも満載。ゴルフを支え続けてきたブランドならではの“遊びをわかってる”1足だと思います。」

アイテムを手に取っただけで
素敵なストーリーが浮かんだ

「サーモマグといえば長い筒型のものが一般的ですけど、これはボリューミーなフォルムと上品でトラディショナルな柄が相まってかわいいですよね。デートで海が見える場所で、小腹がすいた時に冷えたガスパチョやコーンスープを出してあげたら良さそうです。車の後部座席で並んで食べたりしたら可愛い映画のワンシーンみたいで、その時間は豊かなものになると思います。デートでそういうものを準備してあげる感覚も、遊びのわかる大人には大事ですね。ユニフォーム エクスペリメントとハーレーとサーモマグのコラボならではのデザインというのも、モノ好きな僕にとってグッとくる。手に取っただけで素敵なストーリーが浮かんだアイテムでした。」

  • Thermo Mug ¥7,150
  • [Hurley × uniform experiment]

SOPH.

  • Thermo Mug ¥7,150
  • [Hurley × uniform experiment]

アイテムを手に取っただけで
素敵なストーリーが浮かんだ

「サーモマグといえば長い筒型のものが一般的ですけど、これはボリューミーなフォルムと上品でトラディショナルな柄が相まってかわいいですよね。デートで海が見える場所で、小腹がすいた時に冷えたガスパチョやコーンスープを出してあげたら良さそうです。車の後部座席で並んで食べたりしたら可愛い映画のワンシーンみたいで、その時間は豊かなものになると思います。デートでそういうものを準備してあげる感覚も、遊びのわかる大人には大事ですね。ユニフォーム エクスペリメントとハーレーとサーモマグのコラボならではのデザインというのも、モノ好きな僕にとってグッとくる。手に取っただけで素敵なストーリーが浮かんだアイテムでした。」

上質で遊びのある華やかなアイテムをピックアップいただきました。そんなアイテムが並ぶ六本木ヒルズですが、普段から行かれますか?
I : 遊びに仕事にたくさん行かせてもらっています。特にB barにはよく行きますね。メーカーの社長さんからクリエイターまで、行くと必ず色々な出会いがあるんです。シガーが吸えるので、ふらっと足を運んでます。ジローラモもたまにいますよ。そういう場での出会いはまた違いますよね。
六本木ヒルズの魅力を改めて教えてください。
I : ご飯屋さんがあって、世界中の素晴らしいオシャレなアイテムも全部揃っていて、ラジオ局、テレビ局も映画館も美術館もある。しかも“すべて大人のために作られている”というのがすごく居心地がいい。スノッブな感じが好きな大人も、ファミリーで行っても楽しめる街ですよね。エンターテインもちゃんとしてるし、ラグジュアリーメゾンが立ち並んでいるエリアは行ってみようという気になります。まさに大人のワンダーランドだな、と思っています。あと、僕が一番グッとくるのは、実は導線がよく分かりにくいところ。ちょっと上手く言えないのですが、神楽坂の楽しみにも似ているんですよね。“ここを抜けたらこんなお店あったんだ”とか、“このお店にはこんなブランドを扱っているんだ”、みたいな驚きもある。何でも揃っているけど、整然としすぎていなくて、出会おうとしていなかったものにいきなり出会える。雑誌のような楽しさがある本当に魅力的な街だと思います。
確かにちょっとした迷路のような作りですよね。
I : 普通の商業施設って何回か行けば、目当てのお店も決まってしまい、楽しみ尽くしてしまうものですが、六本木ヒルズは常に新しいものに出会えるから楽しみ尽くせない。その魅力を持ったまま、20年近く存在し続けているのはすごいですよね。唯一難点は知り合いによく会うところ(笑)。プライベートで楽しく遊んでいると「石井君いたよね?」って後から言われることが本当に多いんです。だから六本木ヒルズは公の場として行っています(笑)。
  • 表示されている価格は全て税込です。
  • 掲載情報は202285日現在の情報となり、
    内容は予告なく変更になる場合がございます。

今年で創刊21年目を迎える大人の男性に向けたファッション誌LEON』編集長。オフィシャルウェブサイト『LEON.JPの編集長も兼務。“楽しきことを、熱く、本気で、軽やかに”をモットーに、独自の誌面を作り続けている。

Other Articles
NAOAKO TSUJINAOAKO TSUJI
KAIE MURAKAMIKAIE MURAKAMI
AKO TANAKAAKO TANAKA
BEAMS ROPPONGIBEAMS ROPPONGI
ESTNATION ROPPONGIESTNATION ROPPONGI